スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
本格的に戦争論語ってみた
こんにちは。

気が付いたら蚊を踏み殺していた春来です。

何か足の裏にへばりついてるのを発見したときは

具体的に言うとパチンコ屋の「パ」の字のネオンだけ消えてるのを発見したときぐらいの驚きだったかな。

前回書いた記事が異様にコメント伸びたので、今回、珍しくアホな話はやめて、真面目に書いてみます。
(いや、もうやってるし…)








…ってそこ引かない!

今回だけだから、真面目に聞いてください!
戦争とは何か。



戦争って十把一絡げに言っても、中にはいろいろあります。

宗教戦争、民族紛争、領土紛争、etc.


漫画家のかわぐちかいじ先生は、

漫画の中でこう述べられています。

「戦闘の定義とは、己の意思遂行を武力を持って相手に思い知らしめることである」


すなわち、
誰かが何か言い出して、誰かが反発しない限り、戦争は起きないわけです。


そしてその「何か」というのが、厄介なことに自国民が生き延びるための最善の方法だったりするわけです。



これ以外に知らない人が多いのですが、

なぜ日本が太平洋戦争に突っ走っていったか知ってますか?

当時、鎖国によって出遅れた世界への仲間入りをしようと必死でした。

そして日清日露戦争で勝利することで、ようやく、実力を世界にアピールすることが出来たのです。

しかしまだ、日本は世界からはみ出してしまうことを恐れました。

そうして、西洋列強の真似をした領土戦争へと踏み切ります。

しかしこの時点で、西洋列強は、黄色人種の国が発展しすぎることを嫌がったのです。



アメリカがロシアとの仲介を受け持ったのも、これ以上戦争を続けて、日本がロシアをフルボッコにして発展しては都合が悪かったからです。



なので、イギリスは後々都合の悪くなりそうな日英同盟を破棄しました。
ワシントンの会議では日本は海軍の軍縮を求められました。

アジアの小国はアジアの小国らしく、列強の下に収まってろ、というわけですね。



しかし、日本は発展を望みました。

イギリスやフランスを見ても、植民地から入る豊かな物資によって栄えています。

元々資源の少なかった日本は、南や大陸に目を向けます。


すでにイギリスやフランスといった国々の植民地がありましたが、そこを日本のものに出来れば、ということを考えました。

さらに、現地の様子を見てみると、自分たちと同じ黄色人種が、白人に虐げられている。


日本は、領土の拡大を決心します。

そして起こったのが、満州事変。


しかしその満州国ですら、欧米は認めませんでした。


日本は国連を脱退します。


さらに、アメリカは日本に対してA(アメリカ)B(イギリス)C(中国)D(オランダ)の包囲陣を引きました。
日本に入る石油は規制され、だんだん枯渇していきました。


アジアの小国がでしゃばった結果を見ろ、とでも言うように。

日本は開戦を決意しました。


しかし、物量で勝る列強に勝てるとは思わず、少しでいい、少しでも打撃を与えることが出来れば、講和に持ち込める!という希望的なものでした。

しかし、緒戦の勝利に躍り上がった軍部は、だんだん暴走を始めます。


そうして、敗戦しました。1945年8月15日のことです。




なぜ日本が開戦に踏み切ったか、わかっていただけたでしょうか。


どっちが悪い、なんて子どもみたいなことは言いません。

この戦争によって、巻き込まれた人が多くいるのは事実です。
(最近マスコミは反戦を大義名分にしてますが、国民を戦争に煽った過去を持っているという事を自覚して頂きたい)


日本はどの段階で、戦争を回避することが出来たのでしょうか。

直前まで、戦争を回避しようとしていた人がいるのは事実ですし、昭和天皇ですら、開戦を望んではおられなかった。

そして東条英機でさえも、開戦後、皇居に向かって涙を流したといいます。

それでも回避できなかった。

西洋の仲間に無理して入らなくてもよかったんじゃないかという意見もあるでしょう。

俺も最初そう思いました。


でも、あの時代、そうでもしなけりゃ食われていたという、弱肉強食の理があったのです。



今、日本は憲法の事でもめています。

何も考えずにマスコミに踊らされて戦争反対!!とか言ってる連中は、この歴史を知ってて言ってるんでしょうか。


戦争反対を叫んでいても起こるものは起こります。
本当に戦争を止めたいなら、これらの歴史を理解し、世界情勢を把握することが必要です。


そうでないと、軍国主義者に飲まれてしまいますよw


戦争に正義も悪もありません。

しかし、殺人事件なんかよりはよっぽど回避できるものなのです。


今日の曲:大切なもの/ロードオブメジャー

↓平和が一番です。
ブログランキング

↓ちなみに俺は軍国主義者じゃないっす。

スポンサーサイト

テーマ:高校生日記 - ジャンル:日記

【2007/08/24 18:28】 | つれづれ | トラックバック(1) | コメント(9)
<<その時…イデが発動した | ホーム | 終戦記念日に書こうと思っていた記事>>
コメント
いまも弱肉強食ですよ
日本は独立したほうが良い
アジアからもアメリカからも・・・
三島由紀夫の自衛隊論も分からないではない
【2007/08/24 19:49】 URL | 大佐 #-[ 編集]
近衛文麿は有識者会議を行い結果として
最初は勝つが工業力の差によってソ連の参戦でまける

しかし
東条英機は
戦争には意外な事があって勝つ

豪語しました
【2007/08/24 19:58】 URL | 大佐 #-[ 編集]
国防云々について語るのはこの記事で最後にしましょう。

その二人の言うことは正しいですね。どちらもあっています。

平和憲法は保護してくれる大国あって初めて成り立つものです。
もし日本が軍備を持ってアメリカから独立すれば、その辺と国と変わらなくなる。

そうなれば平和憲法は失敗したことになり、一体誰が軍備を捨てるというんでしょう。

中途半端な軍国主義がいつの時代も国をつぶしてきたんですよ。
【2007/08/24 21:29】 URL | 春来 #-[ 編集]
ハルノート
【2007/08/24 23:28】 URL | 一神王城 #JalddpaA[ 編集]
大佐うるせーよいいかげんにしろよまじ結婚してv-10

戦争バーカバーカ
頑張れ社民党!逝け●民党!
首相をカイ・ハンセンに!!
アーメン

荒らしてごめんね♪
【2007/08/25 00:36】 URL | キモスパげてぃ #-[ 編集]
>一神さん
ハルノートってあれですか?
太平洋戦争前にアメリカの国務長官だか誰だかが提出したやつ。

…もっと具体的に…(´・ω・`)

>キモスパげてぃ
言いたい事わかるけど、少し落ち着きなさいw
読みにくいコメント書かないでくださいね?

遅れましたがはじめまして(遅っ
【2007/08/25 20:21】 URL | 春来 #-[ 編集]
人間がおる限り争いなんぞなくならんのだろな。
発生する確率を限りなくゼロにすることは可能やろけど。
カイ・ハンセンを首相に、僕も一票。
この際「何でやねん」とか無しでw
【2007/08/26 00:59】 URL | いるいる #-[ 編集]
>戦闘の定義とは、己の意思遂行を武力を持って相手に思い知らしめることである

我が意志達成を相手に強要することを目的とした実力行使、だったっけ。
何かかわぐちかいじを読み過ぎたせいか考え方が右傾化してる気がする今日この頃。


【2007/08/26 17:15】 URL | KIRA #-[ 編集]
あなた達は別に右傾化していない!むしろ左傾化と言っても良い部分がある。
戦争がなくならないのはヒトが人間であるからではないのか?
【2007/08/27 00:36】 URL | 大佐 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shunrai001.blog65.fc2.com/tb.php/123-3052258d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
論語
論語論語(ろんご、中国語のピン音L?ny?)とは、孔子と彼の高弟の言行を孔子の死後、弟子達が書物にしたもの。『孟子』・『大学 (書物)|大学』・『中庸』と併せて「四書」の一つに数えられている。成立『論語』は前漢初期に出現し、後漢末期に現在の形にま みかの記録【2007/09/07 11:16】
徒然春来日誌


人生漂流気味の浪人生が、前向きに書いているブログ。 コメントがあれば元気度がアップします。

FC2カウンター

キリ番の方はコメントお願いします。

プロフィール

春来

Author:春来
職業:浪人生(2浪目突入)
住んでる所:大阪のどこか
Twitterユーザー名:haruhalcyoncat
好きなもの:紅茶、面白い小説
趣味:
・読書
・弓道
・海釣り
特技:細かいことをよく覚えていると言われます。
好きなアーティスト:
・邦楽…ポルノグラフィティ
    BUMP OF CHICKEN
    コブクロ
    (最近はGReeeeNとかも)
・洋楽…Bon Jovi、QUEEN
・同人音楽…石鹸屋(ゼッケン屋)
好きな曲:fire sign(バンプ)
嫌いなもの:怒鳴り声

FC2ブログランキング

応援クリックお願いします。

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。